本文へスキップ
エーケルンド
from Sweden

ポリシーCONCEPT




ポリシー

450年と言う16世代に渡り受け継がれてきたエーケルンド社は、文献が残る同族経営としては世界で最も古い織物会社と言われています。

会社形態として活動が始められたのは1692年からですので厳密に言えば今年で319年目と言うことになります。その歴史のみならずスウェーデン王室との繋がりも強く長年に渡り王室の御用を賜って参りました。
スウェーデンの織物産業が盛んだった頃は、産業従事者人口は約15万人程いましたが、現在は 10分の1の1万5千人ほどにまで減少しています。その中でエーケルンド社は伝統だけに頼ることなく常に新しい視点で織布技術開発や一貫した自社工場による製品製造にこだわって現在に至っています。

たった50名ほどの従業員にもかかわらず約1500アイテムの製品を常に供給でき、自社工場からヨーロッパ全土はもとより日本やアメリカにある小売店(約2000店)へ製品を直送する体制は北欧人ならではの合理的な考え方から実現されている事と言えるでしょう。
エーケルンド社がこのように規模的には小さな会社でありながらも世界に対して着実に製品を売り続けているバックグランドには4つの確固たるポリシーがあります。 

第1に、『現在の姿は未来への借り物と言う考え方』
つまり現在の姿と言うのは次の世代へ向けて引き継いで行く為の借り物に過ぎないと言う考え方です。エーケルンド社では先代から培われてきた技術やノウハウを次世代へ如何に引き継いで行くかという視点で経営方針や社会に貢献できるあり方を決定しています。
未来に向けたエーケルンド社のあり方は、長いスパンでビジョンを持ち続ける姿勢であり今後のスウェーデン織物産業においても重要な事であると考えています。 

第2に、『環境への取り組み』
織物産業はもともと環境には悪い影響を与える産業と言われてきましたが、エーケルンド社はこれについて環境を無視した産業のあり方では未来はないと断言するほど危機感を持っています。
それによりエーケルンド社はホームテキスタイルカンパニーとしては世界で初めてエコマークが認証されています。
NATURSKYDDSFÖRENINGENより)
エーケルンド社工場内では大半の水を雨水からの再利用でまかなっており、森の環境保全のため間伐された下枝などを利用して暖房の熱源に利用するバイオマスに率先して取り組んでいます。このようなシステムを旧東欧諸国のテキスタイルメーカーなどへ無償で技術供与を行うプロジェクトを組むなど、一企業としてではなくテキスタイル産業として社会にどの様な環境保全が出来るかと言う観点から活動を進めているところも北欧人らしい懐の大きさを感じます。
面白い例として、エーケルンド社は社員を雇う場合、仮に同じ能力がある応募者2人いた時には環境を考慮の上自転車通勤できる人を率先して雇っています。 

第3に、『いかにして自社デザインを守るかと言う取り組み』
エーケルンド社にとって独自のデザインを守ると言う事は、会社の財産であると同時に今後の繁栄の為にもっとも重要なファクターの一つであると考えています。
プロダクトデザイナーの地位と言うものに最大限の高い評価を与え、また製品案内時には必ずデザイナー名を表記しています。
エーケルンド社には数名の専属デザイナーがいますが、その他テキスタイル関連に関わらず北欧で著名なデザイナーによるデザインを積極的に製品に採用しています。それだけオリジナルデザインの再現能力をプリントではなく織りで忠実に表現できる技術力にエーケルンド社は自信を持ち、同時に各デザイナーからもその織布技術に高い評価を得ています。
製品群の中でも100年以上も前からの柄パターンなどを現在でも織り続け、根強い人気のある製品は数多く存在します。いつの時代にも常にマッチし飽きの来ないデザイン、これこそが北欧人の研ぎ澄まされた感覚を発揮した本当のデザインと呼ぶべきものなのではないでしょうか?
独自のデザイン保護と言う観点からもエーケルンド社はロンドンに本部を構えるACID(Anti Copying in Design)に加盟しており、デザイン盗用などに対してコピーライト分野専門の弁護士を通して法的プロセスを取る対応を世界に向けて整えています。

第4に、『原糸に対するこだわり』
エーケルンドが使用する糸は亜麻(リネン)と綿(コットン)の天然素材による2種類ですが、亜麻は世界で最も品質の高いフランス・ベルギー国境地帯からの原糸を使用しています。
綿は気候・環境面などから一番栽培に適していると言われるペルー綿を使用しています。
このペルー綿使用に付いてエーケルンド社は全ての自社製品出荷時に取り付けられるペーパータグの裏面にバッジナンバーが付けられています。
このナンバーにより製品に使用された綿の栽培農場、またどのような管理によって栽培された綿なのかまで分かるような徹底したトレイサビリティーを実現しています。




バナースペース


エーケルンドはイギリスの知的財産権保全活動団体ACIDの会員企業です。